「もの好き」の血

プロダイバーのオーシャン・ラムジー好奇心旺盛というか、怖いもの知らずというか、オアフ沖でこんなでっけぇホホジロザメと泳いだそうな.... ええ、長年波乗りなんぞをやっておりますとサメを見かけることはあるっちゃあります。むやみに襲ってくるものではないたぁ頭じゃ分かってい

転ばぬ先のメンテ

オッサンってのは一見ズボラなようで、なかなかどうして細かい輩が多い。かく言うオイラも、かつては「ビーンズ仁科」の二つ名を拝領したほど、そして今なおマメなメンテ好きでございます。 やれくもりが.... と思えばそりゃ上等の液体コンパウンドで掃除に没頭する禅僧がごとく磨き

正月ぼけ

我が家の新しい門番ジャボチカバ 次々と実はなるのですがなかなか収穫には至らず....犯人はコイツラ実が色づきゃすぐさま捕食にかかりやがります。 鳥が木の実をついばむ  なんて云えば何とも牧歌的に聞こえますが、こちとらその実を楽しみにしてんですからねぇ...&

You never miss the water till the well runs dry.

おっDJAVANのベスト盤じゃないですかい? そう、ちょっとしたマイブームになっていたこのミュージシャンのことを弟に話したところどうだい、一枚持ってやがりました。 そりゃ、サンバチームに所属しているくらいなんだものブラジル音楽には造形は深いでしょうよ。ポイン

煤払い

お客様をお迎えする立場なんですもの、こう見えて(オッサンの割には)マメに掃除する部類だと思うのですが、ついつい忘れちまうのがシーリングファンのお掃除。 だって、脚立必要だし、プロペラおっかねぇし、だいたい回ってる時にゃホコリも汚れも見えないんだもの.... 

X’mas dinner for atheists

いやぁ ホントにクリスマス日和ですなぁ..... どうやら今年は半袖のまま、御用治めとなりそうです。ウェットスーツだって、ここまで3mmのみで通して参りました。 さて、今年のクリスマスディナーは ってぇとカニ....ささやかと言え、せっかくのイベントなんだか

ドッペルゲンガー

ラジオでかかっているこの曲、聞いたことあるような、ないような....いかにも80年代でやんして、当時流行っていたAOR系であることは間違いないのですが、だいたいこれポルトガル語だしねぇ... 80’sといえば悪友S氏。曲の特徴を伝えたところ、流石は生粋の遊び人、ものの

珍しきもの、いとおかし

よく晴れた気持ちのイイ日曜だってのに、玄関横で渋滞気味の鉢植え群をなんとかしろとかぁちゃん.....誂え向きに登川で植木市ィやってたので、珍しいヤツ見つけて参りました。「ジャボチカバ」中南米の原産だとか どこが「珍しい」ってのは幹に直接実がなるんです。熟れますてぇと.

Gift

不動産屋ァなんて渡世を張ってますと、そりゃもう頂きものが多ござんす。アタシャ物乞いじゃありませんので、「引っ越しの際にご不要となったもの」且つ「先方よりお声が掛かったもの」に留めておりますが、中にはとんだ「お宝」を頂戴することもございます。 さて、本日は沖縄市築浅マン

季節外れ

師走も3分の1を過ぎたというのに、我が家のプルメリアが開花し始めました。 先々週から続いた夏日のせいなのか...例年10月下旬にゃ花ぁ落ちとりますんで狂い咲きって言や狂い咲きなんでしょうが、それでも年がら短パンTシャツのオイラからすればそれほどの「季節外れ」感はありま